精神科看護管理研究会

精神科看護管理研究会の会則

(2003年度改正)

 
第1章 総則
第1条(名称)本会は精神科看護管理研究会と称する。
 
第2条(事務局)本会は事務局を事務局長の所在する所に置く。(改正)
 
第2章 目的および事業
 
第3条(目的)本会は精神科看護管理に関する研究、ならびに会員相互の理解を深め、精神障害者とその家族の医療、看護、福祉及び人権の向上に寄与することを目的とする。
 
第4条(事業)本会はその目的を達成するために次の事業を行なう。
 @ 精神科看護管理に関する研究会の開催
 A 精神科看護管理に関する各地の関連領域の交流
 B 精神科看護管理に関する調査および研究
 C 精神科看護管理に関する事業の推進
 D その他本会の目的を達成するために必要な事業
 
第3章 会員
 
第5条(会員)本会は次の会員によって構成される。
 @ 正会員:精神科看護管理について、看護・教育・行政などの実践や研究に従事しているもので、本会の目的および事業に賛同して入会した個人又は団体
 A 賛助会員:本会の目的に賛同し、事業を賛助するために入会した個人又は団体
 B 学生会員:本会の目的および事業に賛同して入会した学生(大学院生は除く)
 

第6条(入会)正会員又は賛助会員として本会に入会しようとするものは、所定の入会申込書により、会長に申し込み、理事会に承認されなければならない。
 
第7条(退会)退会するものは、退会届けを事務局に提出する。また、次に該当する者は退会したものとする。
 @ 死亡または団体の解散
 A 2年以上年会費を納入しないとき。
 
第8条(除名)会員が本会の名誉を傷つけ、目的に違反する行為をしたときには、理事会の議決を経て除名することができる。
 
第9条(会費)正会員、賛助会員及び学生会員は年会費を納めなければならない。
2 年会費額は細則で定める。
 
第4章 役員
 
第10条(役員)本会に次の役員を置く。
@ 会長(事務局代表)   1名
A 理事            若干名
B 運営事務局長             1名(改正)
C  研究企画担当理事       若干名(改正)
D 会計                       2名
E 監事            2名
 
第11条(選出)会長及び事務局長・会計は理事の中から理事会において選任し、理事及び監事は総会において選任する。
 
第12条(役員の職務)会長は本会を代表し、総会運営その他の業務を執行する。(改正)
2 理事は、理事会を構成し、本会の業務を決定する。
3 運営事務局長は、本会の事務を司る。(改正)
4  研究企画担当理事は、研究会の事務及び研究企画等を司る。(改正)
5 会計は、経費の管理を司る。
6 監事は、本会の業務および会計を監査する。
7 監事は理事および他の役員の職務を兼ねることはできない。
 
第13条(役員の任期)役員の任期は1年とし、再任をさまたげない。
2 補欠により選仕された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は、任期終了時においても後任者が就任するまではその業務を行わなければならない。
 
第14条(幹事)本会の会計および事務処埋を行うために、幹事若干名をおく。その任命は会長が行う。
 
第15条(顧問)本会は会長の推薦により、顧問若干名をおくことができる。
 
第5章 会議
 
第16条(総会)総会は正会員によって構成される。
2 総会は原則として年1回開催し、会長がこれを召集する。
3 議決は出席者の過半数の賛成によって決定する。
 
第17条(理事会)理事会は会長が召集する。
2 理事会は2分の1以上の出席を必要とする。
但し、委任状を認める。
3 議決は理事会の出席者の過半数の賛成によって決定する。
 
第18条(委員会)本会は必要に応じて委員会を設置することができる。
 
第6章 研究会
 
第19条(研究会)本会の事業として毎年1回以上の研究会を開催する。
 
第7章 会計
 
第20条(経費)本会の経費は、会費、助成金、寄付金などの収入をもってあてる。
 
第21条(会計)本会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までを原則とする。但し、便宜上、研究会開催時の総会毎に会計報告を行うこととする。
 
第8章 その他
 
第22条(会則変更)本会会則の変更は、理事会の議決を得て、総会に報告し承認を得るものとする。
 
第23条(その他)会則に定めのない事項は、必要に応じて理事会の議決を得て、会長が定める。
 
附 則
1 この会則は平成13年2月4日から施行する。
1 この会則は平成15年2月9日から一部改正する。